『もっと生命を感じて生きたい。

自分で創造する喜びを感じたい。』


福岡市の都会に近い場所で生まれる。幼少期から兄弟と一緒に近所の裏山を駆け回って遊ぶ活発な子供だったが、幼稚園や小学校ではまったく喋らずに7年間を過ごす。周囲にうまく馴染めない状況が変化することはないと諦め、外の世界に対して感覚を閉じていた。そんな中でも、絵を描くことやものづくりには常に興味を持っていた。

大学では教育心理学を専攻し、心の仕組みについて学ぶ。
転機が訪れたのは、学生時代の海外一人旅。それまで受け身だったのが自分の意思で行動することの楽しさを知り、卒業後はフィリピンでの海外生活を経験した。そこでは人々が生き生きとしており、喜怒哀楽さまざまな感情を感じながら心が毎日満たされていた。

そんな体験をして帰国後に衝撃を受けたのは、日本の生活環境では、生きている実感を得る機会が非常に少ないということだ。街ですれ違う人はみな心ここに在らず、そんな環境での暮らしに気持ちが落ち込んでしまう日々だった。

“もっと生命を感じて生きたい。社会の中で受け身に生きるのではなく、自分で創造する喜びを感じたい。”

それは今の自分か昔の自分に伝えたいことでもあった。そんな思いから、2014年より生命力という形のないものをテーマに絵画表現を開始する。人間や太陽、月、植物などの自然のモチーフを用い、時に点描によって素粒子から構成される世界の流動的な性質を捉える。

今日の社会で生きにくさを感じている人は多く、変革の時代を迎えているように感じる。今まで社会を発展させてきた“男性的”な要素と対象となる、精神的な充足に導く“女性性”にコン座した生命力、そして生きることの素晴らしさを、作品を通して伝えている。

また、表現活動をする中で自身の心が癒されていった経験から、指と絵の具で描くアート体験『フィンガーペイントワークショップ』の機会をつくり、セラピーとしてのアートをより身近なものとして拡めている。

 

Ayaka Yasukouchi was born in fukouka city Japan on 1990. She loves to paint and express her everyday emotion by painting.

 

In her childhood, she chose to have selective mutism in school thus perceiving one’s emotion by thought became her means of communication. Through this childhood experience, it became her passion and taught her to focus more on inner sensitivity and strength, soaking herself in her world of mixing beautiful colors.

 

After studying educational psychology in college, she worked in an NGO in the Philippines. She was exposed in a different side of the world that is far different from where she came from but it made her closer to nature and widened her idea of life’s perspective that it made her to be aware of every detail in her surroundings. Nature gave her healing, aroused her interest that everyday emotions are different and colorful.

She started painting in the spring of 2014. After her first plunge in painting, it made her crave more and express more of her emotions through colors. She is self-taught, and learn everything base on her emotions and feelings. She uses brushes and hands creatively. As of today, she continues to explore the different ways and creating different patterns and styles to express one’s emotion in this colorful world.

 

− 略歴 −

1990年12月 福岡市生まれ

2013年3月 福岡教育大学教育心理学選修卒業
4月 日本フィリピンボランティア協会にて勤務(一年)

2015年5月・9月 博多阪急『コトコトステージ』イベント展示(福岡)
9月 フィリピン児童養護施設『House of Joy』にてボランティア(8ヶ月)

2016年6月 『Great Luck Fes’16』展示出店(京都)
7月 『ラブミーフェスティバル 2016』展示出店(大阪)

2017年3月 ちょめと彩香のフタリ展『0.00%』@アートスペースasi-para(福岡)
5月 『第15回 里山美術展』展示出店 フィンガーペイントWS開催(熊本)
6月 展示会『CHOME x AYAKA』 フィンガーペイントWS開催(大阪)
8月 夏休み特別展示@ぱんや紺青(福岡)
アトリエワイエス アートセラピーテクニカル集中講座終了
9月 福岡天神インキューブ『ポストカードアート展2017』出品

 

7